アイスコーヒーについて考えてみた

こんにちは!タロウです。

急に暑くなってきましたね。

この間、子どもたちと公園に行ったのですが、あまりの暑さにバテバテ…それでも子どもたちが気が済むまで付き合ってヘトヘトで帰るとテレビから「熱中症で搬送」というニュースが。

もうそんな季節になったのかとびっくりしました。

すると「おかえりー。暑かったでしょ?」と奥さんが冷たいアイスコーヒーを出してくれたんですよね。

一瞬女神に見えました(笑)

僕は普段からコーヒーをよく飲むんですけど、これだけ暑くなったらそろそろアイスコーヒーだよなぁと思って飲むといつもとちょっと違う。

「これ、何か違うよね?」と聞くと「やっぱわかるー?」と嬉しそうな奥さん。

詳しく話を聞いてみると、どうやら買ったものではなく、家で淹れたものなんだそうです。それもいわゆるドリップではなく水出しと言う。

なんだそれ?

そういえばこの間、待ち時間つぶしに入ったタリーズでアイスコーヒーを頼んだら、店員さんがなんかそんなこと言っていたような気がする。

気になって調べてみると、アイスコーヒーを淹れるのにはペーパードリップとウォータードリップ、水出しポットといった種類があるようです。

ちなみにコールドブリューコーヒーともいうみたいです。それはスタバにあったなぁと思いだしました。

奥さんが言っていた水出しはポッドにコーヒーを入れ、水を注ぎ、冷蔵庫で8時間ほどおいてからコーヒーを取り出すという方法。なんて簡単なんだ。僕にもできそうです。

味の好みは分かれそうではありますが、僕の感想としては、すっきりしていてコーヒーというよりはお茶に近くてのどごしよくゴクゴク飲めます。まぁコーヒーのあのカフェイン感とか、ガツンとした飲み口を求める場合はいつものアイスコーヒーがいいような気がします。

たかがコーヒー、といつも何気なく飲んでいましたが、奥が深いんですね。

水出しアイスコーヒー、ちょっとはまりそうです。